Plants Dictionary


古来より親しまれてきた植物。植物療法やアロマテラピー、漢方などに基づいた、やさしさもありながらも力強い植物の力をみなさんにご紹介いたします。

イラスト・うぐいす (twitter: @studio_uguisu04)




写真







Lavender
ラベンダー

鎮静作用があり、ストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安や緊張、イライラなどをやわらげてくれます。頭痛、不眠症などのストレス性症状に効果があるといわれています。







写真







Orange Flower
オレンジフラワー

鎮静効果があり、高ぶった気持ちを落ち着かせ、 不安やストレスをやわらげてくれます。 神経系の緩和に効果があるといわれ、筋肉の緊張をやわらげます。










写真







Ginger
ジンジャー

ショウガオールといった辛味成分が含まれており、この成分が血液の循環をよくして体を芯から温めてくれます。







写真





Cassia
桂皮

古くから身体をあたためる温熱の作用があるとされ、発汗・発散作用を持つ生薬として利用されています。その他、鎮静、鎮痛、抗ストレス効果があると言われています。







写真







Lemongrass
レモングラス

脳活性化による集中力や記憶力アップ効果が 研究により報告されています。運動する人がリラックス、集中をしたいときに役立てると考えられています。










写真







Chamomile German
カモマイル ジャーマン

鎮痙作用、鎮静作用のあるカモミールは、 筋肉の炎症や痛みをやわらげます。 疲労回復やストレス回復や高ぶった心を落ち着かせてくれます。







写真







Echinacea Purpurea Root
エキナセア ルート

免疫力を高める効能があり、ウイルスや細菌の侵入を阻みます。体内から毒素を取り除き、感染症を撃退してくれるのです。










写真







Pepper Pink
ピンクペッパー

南米では伝統医療として様々な症状に処方されていました。特に風邪やインフルの予防、筋肉の緊張をやわらげる、痛みや炎症を抑えるなどに効果があるとされています。








写真







Lemon Balm
レモンバーム

神経系に作用し穏やかにしてくれるハーブです。そのため、ヒステリー、パニック、神経の緊張による不眠や不安に向いています。








写真







Rose Red
ローズ レッド

女性ホルモンのバランスを整える作用があるといわれています。月経前のイライラや更年期障害の症状を緩和し、憂うつな気分をやわらげてくれます。










写真







Raspberry Leaf
ラズベリー リーフ

フラガリンという成分が含まれていて、これには子宮や骨盤周りの筋肉を緩めてくれる働きがありますので、生理痛やPMS(月経前症候群)の軽減効果を期待できます。